読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白杖

今日バスで優先席にJSが2人座っていた。白杖で歩いたおっさんが優先席で立ち止まった。JSはおそらく白杖が示す意味がわからずにそのままスマホでゲームをしている。見かねた優先席に座っていた老女が席を譲ることになった。

 

小学校で受けた教育の中でも数少ない得た知識は白杖の示す意味だったのでやけに上記のシーンが印象に残ったのでした。おしまい。

遊園地

甘城ブリリアントパーク視聴しました。

 

放映当時は何故か忌避してたんですが、今見たら死ぬほど面白かったです。話の展開上2期があったら嬉しいですがあんまりそれは期待できそうにないですね。

 

少し残念だったのが、主人公のバックグラウンドのフラグ回収が微妙だったところでしょうか。主人公が経営の手伝いを志そうとするきっかけが、よくわからないところがあった気がするけどきのせいか。

 

京都アニメーションで見逃してたアニメもこの機会に見直してみますか。

げーむ

今年の2月ぐらいにPS4を買った。FF15が出ると聞いてもう買うしかないよねってなった。

 

今まで10年ちょっと現役だったPS2も名誉の引退である。PS2と性能が違いすぎてPS4の機能を未だに使いこなせてない気がする。10月ぐらいに初めてPS4のコントローラーがワイヤレスだったことに気付く顛末だった。PS4だったらコーラぐらい作れるんじゃねぐらいには思ってるよ。

 

ゲームも色々進化していた。特にゲームがインターネットからアップデートできるってのは感心しちまったよ。バグとかゲーム難易度も発売後も変えられるってのは画期的だよなあ。

 

個人的にはアンチスマホゲームなのでPS4を皮切りに据え置き型の復権を願うばがりですね。やっぱ据え置きじゃないとvolumeあるゲームは無理だと思うんだ。

 

自分が小さい頃を思い出すと塊魂とか据え置きゲームのCMが流れても普通だったのに今はもう流れることがないってのが悲しい。

 

PS.FF15は期待外れで1時間プレイして放置しました^^

ヲタクもすなる、ブログといふものを、わたしもしてみむと、するなり。

2年前ぐらいからセンスのあるヲタク達のブログに憧れていたのでブログを始めてみました。3つぐらい記事を投稿できたなら飽き性の僕としては満足です。

 

ブログ名の「今日も空は青いか」は昔R25という雑誌で隔週で連載されていた連載のタイトルだった。厨二病を拗らせていた中学生の僕にとってはタイトルからして興味を惹かれて一年ぐらいは読み続けていたと思う。その連載を書いていたのが石田衣良という作家だった。

 

しだいにこの面白い連載を書き続ける石田衣良自身に興味が沸いたので、石田衣良の本を漁ることにした。僕が読んだのは池袋ウェストゲートパークのシリーズ数巻と他数冊。R25の時は社会を風刺するようなイキり文章が好きだった。ただ小説のほうは事情が違っていた。だいたいが10代から20代の若者の恋愛脳話で、僕の期待していた話と違うじゃないか、幻滅したと相当落ち込んだ記憶がある。

 

今でもトラウマなのか本棚で石田衣良のコーナーを見ると悲しくなるし、すぐにその場を離れるようにしていまう。

勝手に期待しといて勝手に裏切られるという身勝手な行動であるが、この性分は中々消えることがない。

 

今絶賛放送中の「響け!ユーフォニアム2」でも田中先輩に皆が勝手に期待して期待値を挙げていたという趣旨の話があったと思うが、意外と”身勝手な期待”というものは皆が行っているものなのかもしれない。